切らないシワ・タルミ治療

切らないシワの治療

ボトックス注射

表情ジワに最も効果的な治療法  それはボトックス注射です。

ボトックス注射
ボトックス治療例1-1

【治療前】

矢印

 

ボトックス治療例1-2

【治療後】

ボトックスは表情ジワを改善するとともに、シワの進行も抑えます。

ボトックスはA型ボツリヌストキシンを製品化したものです。
ボトックスには筋肉を麻痺させる作用があり、シワの原因となる表情筋の働きを一定期間弱めます。表情ジワができなくなることによって、シワが進行性に深く刻まれていくことを防ぐこともできます。
ボトックスは注射後2~3日で効き始め、1週間で安定します。効果の持続は3~6ヶ月程度です。
当院では、注射後1週間で効果判定を行い、効果が不十分な場合は無料で追加注入を行います。
ボトックスは年に2~3回定期的な注入を行い、シワのない状態を継続することが大切です。

ボトックスが最も適した部位 3+1の部位

シワに対するボトックス治療が最もよく行われる部位は、額のシワ、眉間のシワ、目尻のシワの3ヶ所です。
そして、当院が推奨するもう1つの部位がアゴの梅干ジワです。

ボトックスが最も適した部位

当院はアラガン社のボトックスだけを使用しています

アラガン社製のボトックス商品写真A型ボツリヌストキシン製剤には、いくつもの製品があります。その中でボトックス と呼ばれるのは、アラガン社が作る製品です。
ほかにも、ディスポート(英国製)やBTXA(中国製)、ニューロノックス(韓国製)などの製品があります。
ボトックス以外の製品に特に大きな問題があるわけではありませんが、今のところ厚生労働省が認可しているA型ボツリヌストキシン製剤はボトックスだけです。
当院では、患者様に安心して治療を受けていただけるように、アラガン社のボトックスだけを使用しています。

ボトックスは、使い方が大切な薬です。

ボトックスでシワの治療を行う場合は、表情筋の解剖と働きをよく理解しなければいけません。ボトックスはヒアルロン酸とは異なり、シワに直接打つものではなく、注射後の効き具合を想定しながら、シワをつくる筋肉に作用するように注射するものです。注射するポイント、深さ、薬の濃度と量が効果に影響を与えます。注射の打ち方が悪いと、効果が出ないこともあれば、効きすぎて思いがけない表情変化を起こすこともあります。例えば額のシワをボトックスで治療する場合は、眉毛の下垂の有無、眼瞼下垂の有無を治療前に十分診察してから、注射の是非、注射の量とポイントを決定します。

より安心して治療を受けていただくために

ボトックス治療を行う患者さんには、基本的に注射1~2週間後に診察に来ていただきます。特に初めての治療の場合は、やや控えめな治療を行い、効果が弱い場合は追加注入を行うという方針をとっています。当院では皆さんに安心して治療を受けていただくため、1~2週間後の追加注入は無料で行っています。

 

過去にボトックス注射後の内出血で困ったことがある方へ

ボトックス注射を続けたいが、過去に他院で目立つ内出血を経験したことがあってためらっているという方も、是非ご相談下さい。
内出血は、ちょっとした注射のコツで多くは防ぐことができます。

ヒアルロン酸注入との併用はより効果的

ボトックスだけでは解消できない深いシワに対しては、ヒアルロン酸注入の併用がより効果的です。

ボトックス注射の一般的注意点

・妊娠中・授乳中の方、ボトックスにアレルギーを持つ方、筋弛緩薬を服用中の方は治療できません。
・注射ですので痛みが若干ありますが、非常に細い針を使用することで痛みを極力抑えています。
・注射後2日は注射部位のマッサージをしないで下さい。
・注射後1~2日小さい針跡が残ることがありますが、注射3時間後からお化粧が可能です。
・まれに内出血を起こす可能性がありますが、その予防に極力努めています。

部位別の注意点

額のシワ
ボトックス治療例2-1

【治療前】

矢印

 

ボトックス治療例2-2

【治療後】

ボトックスが極めて効果的な部位です。
ボトックスが登場してから、額のシワに対する前額リフト(ブローリフト)手術は
あまり行われなくなりました。
額のシワは、前頭筋の働きによって生じます。
額に対してボトックスを注射すると眉毛の挙上運動ができなくなるため、
眉毛がゆるんで下垂している人に対してボトックスを使用する場合は注意を要します。
ボトックス治療が適応になるかどうかは、初診時の診察にて判断させていただきます。
眉間のシワ
ボトックス治療例3-1

【治療前】

矢印

 

ボトックス治療例3-2

【治療前平常時】

矢印

 

ボトックス治療例3-3

【治療後】

ボトックスが極めて効果的な部位です。
眉間のシワを作り出す原因は皺眉筋という筋肉です。皺眉筋は眉毛に沿って深い位置を走行し、
近くには眼瞼挙筋という筋肉があります。眼瞼挙筋までボトックスが広がると眼瞼下垂を生じる可能性が
あります。
眉間の治療では、綿密な解剖の知識と正確かつ確実に皺眉筋内に注射する技術が必要です。
ボトックスは眉毛内側の前頭筋にも作用するため、眉毛外側が若干挙上することがあります。
目尻のシワ
ボトックス治療例1-1

【治療前】

矢印

 

ボトックス治療例1-2

【治療後】

笑った時に目尻にできるシワに効果的です。
目尻の笑いジワは、眼輪筋というまぶたを閉じる筋肉の働きによって生じます。
眼輪筋の働きを弱めても、口元の動きは変わらないので、笑えなくなるという
ことはありません。
あくまで、過剰な笑いジワができにくくなるという変化です。
また、目尻の眼輪筋が麻痺しても、目が閉じなくなるなどという心配もありません。
目尻は内出血を起こしやすい部位ですから、内出血を起さないような注射の
テクニックが必要です。
アゴのシワ
ボトックス治療例4-1

【治療前】

矢印

 

ボトックス治療例4-2

【治療後】

アゴの真ん中にできる、俗に言う梅干しジワに効果的です。
ボトックス単独でも非常に良く効きますが、アゴが後退していてアゴ下の
たるみが目立つ人は、ヒアルロン酸注射を併用してアゴのボリュームを
増やすとより効果的です。
 

ヒアルロン酸注入

ヒアルロン酸の効果

ヒアルロン酸は人間の体内に存在する物質で、水分を保持する作用に優れています。
シワや凹みにヒアルロン酸を注入することによって平らにし、シワや凹みを目立たなくします。

シワの治療から始まったヒアルロン酸注入ですが、現在その若返り目的での使用法には3通りの注入法があります。
1.シワへの注入
2.輪郭の改善
3.少量注入によるリフト効果

1は、最も基本的な注入法です。ホウレイ線や眉間のシワなど深く刻まれたシワに沿って注入してシワを目立たなくします。
2は、凹みに入れて凹凸をなくす、頬をふっくらさせる、アゴのボリュームを出すなど顔の輪郭を改善して若返り効果を獲得する方法です。
3は、少量のヒアルロン酸を頬骨部分などに注射することによって下垂した組織をリフトアップさせる新しい注入法です。

 

ヒアルロン酸注入が効果的な部位

ヒアルロン酸注入が適したシワ

法令線
マリオネットライン
眉間のシワ
上口唇のシワ
額のシワ
目尻のシワ
頬のシワ

ヒアルロン酸注入が適した部位

頬の凹み
目の下の凹み
こめかみの凹み
鼻根部のボリュームアップ
アゴのボリュームアップ
口唇のボリュームアップ

特に注意を要する部位

下まぶたのシワ
下まぶたの皮膚はきわめて薄く、注入によって数珠状の凸凹を生じやすいので、下まぶたの浅い横ジワに対しては注入を避けます。

部位によって適切なヒアルロン酸を選択します。

ヒアルロン酸商品写真

ヒアルロン酸の注入は、変形性関節症などの病気の治療でも使われますが、シワ治療に使われるヒアルロン酸はそれらとは全く違う製品です。
現在、欧州を中心とした複数の会社でヒアルロン酸の製品は作られていて、それぞれの会社が粘度に差がある数種類の製品を製造しています。
治療する際にはシワの部位や程度に応じて、ヒアルロン酸を使い分ける必要があります。軟らかいヒアルロン酸は、凸凹を起しにくいが、盛り上げる力が弱く吸収が早い、
硬いヒアルロン酸は、盛り上げる力が強くて吸収が遅いが、凸凹を起しやすい、
という特徴があります。
軟らかいヒアルロン酸は、皮膚浅層の注入に適し、硬いヒアルロン酸は皮膚深層の注入に適します。
当院では、凸凹を起こしにくく自然な仕上がりが期待できるという点から、「ベロテロ」という製品を主に使用しています。
(従来の「エセリス」シリーズは「ベロテロ」シリーズへと名称変更されました)
注入時の痛みを和らげるために、当院では局所麻酔薬を含有したヒアルロン酸のみを使用しています。

治療間隔

使用する製品や部位にもよりますが、一般的なシワ治療、例えばホウレイ線への注入で大体6ヶ月間隔とお考えください。
頬のボリュームアップ注入や凹みの改善目的に深部に硬いヒアルロン酸を注入した場合は1年近い効果が期待できます。中には2~3年効果が持続するケースもあります。
その一方、目尻や上口唇などの浅いシワの治療の場合は1~3ヶ月程度のこともあります。
また、少量注入によるリフト効果も2~3ヶ月程度と短い可能性があります。

注入時の痛み対策

当院では、注入時の痛みを極力抑えるための表面麻酔を無料で行っています。
30分~1時間前に来院していただき、表面麻酔薬を施してからから注射を開始します。麻酔薬は市販のエムラクリームよりも麻酔効果の強いものを使用しています。完全な無痛というわけではありませんが、無麻酔に比べて痛みは格段に軽減するので痛みが苦手な方も安心して治療を受けられます。

症例写真

ホウレイ線
ヒアルロン酸注入治療例1-1

【治療前】

矢印

 

ヒアルロン酸注入治療例1-2

【直後】

ホウレイ線
ヒアルロン酸注入治療例2-1

【治療前】

矢印

 

ヒアルロン酸注入治療例2-2

【直後】

マリオネットライン
ヒアルロン酸注入治療例3-1

【治療前】

矢印

 

ヒアルロン酸注入治療例3-2

【治療後】

マリオネットライン
ヒアルロン酸注入治療例4-1

【治療前】

矢印

 

ヒアルロン酸注入治療例4-2

【治療後】

頬のシワ
ヒアルロン酸注入治療例5-1

【治療前】

矢印

 

ヒアルロン酸注入治療例5-2

【治療後】

上口唇のシワ
ヒアルロン酸注入治療例6-1

【治療前】
平常時

  ヒアルロン酸注入治療例6-2

【治療前】
運動時

矢印

 

ヒアルロン酸注入治療例6-3

【注入後】

下眼瞼の凹み(くま)
ヒアルロン酸注入治療例7-1

【治療前】

下まぶた下部の凹み(くま)

矢印

 

ヒアルロン酸注入治療例7-2

【治療後】

ヒアルロン酸注入2週間後

目尻のシワ
ヒアルロン酸注入治療例8-1

【治療前】

矢印

 

ヒアルロン酸注入治療例8-2

【治療後】

ヒアルロン酸注入の一般的注意点

・妊娠中・授乳中の方には使用できません。
・2~3日赤い針跡が残ることがありますが、3時間後からお化粧が可能です。
・深部への注入の場合は内出血が起こることがありますが、3時間後からお化粧が可能です。
・硬めの注入剤ほど触ると若干の異物感を感じます。
・注入直後は硬結を感じますが、数日でより馴染んできます。
・稀に注入部位の色素沈着を生じることがあります。
・ヒアルロン酸自体はアレルギーを引き起こす物質ではありませんが、製品内の微量の不純物のために極めて稀にアレルギー症状を起すことがあります。
・ヒアルロン酸は吸収性の物質であり、待てばいずれはなくなりますが、どうしても早く除去したい場合はヒアルロニダーゼの注射で分解することができます。

・ヒアルロン酸注入は、たとえ注射とはいえ手術と同様に治療する医師の技術的な差が歴然とあらわれる治療です。経験豊富な医師の治療を受けられることをお勧めします。

他院での治療例
他院での治療例。
線状スレッディング法による不適切な注入が
行われています。
額にミミズ腫れのようなしこりが残り目立ちます。
 

切らないタルミ治療

高周波治療とはどんな治療

高周波は自身のコラーゲンを新生する最適な方法

皮膚の真皮層に強い熱刺激を与えると、真皮内の線維芽細胞の働きが活発化し、皮膚のコラーゲン量が増加します。コラーゲン変化をより多く獲得するためには、真皮の深部までしっかりと加熱できた方が有利です。しかし、レーザーなどの光や赤外線を用いた治療では、皮膚の表面に熱が集中し、深部までを加熱しようとすれば表皮に有害な熱損傷を起こしてしまいます。

高周波は、細胞の中の水分子を振動させることによって加熱します。皮膚表面からではなく皮膚の内部で熱を生じさせることができるので、表皮に損傷を与えずに真皮深層まで十分に熱することができます。
調理器具にたとえると、レーザーや赤外線は「オーブン」に相当し、高周波は「電子レンジ」にあたります。どちらの方が、表面を焦がすことなく深部までを上手に加熱することができるか、おわかりいただけることと思います。

高周波の皮膚への作用とは

高周波は、真皮層への熱刺激によって線維芽細胞に働きかけ、コラーゲンの合成を促します。さらに強い熱刺激は、タンパク変性によるリフトアップ効果まで期待できますが、タンパク変性まで引き起こす治療は痛みや合併症を引き起こす可能性が高くなります。

コラーゲン量が増えたことによって皮膚は引き締まり、いわゆる「皮膚のタイトニング効果」が得られます。リフト手術や糸によるリフトアップと比較すると形態的変化はマイルドですが、非常に自然な若返り効果が得られます。

高周波の作用は、コラーゲンに対する直接作用だけではありません。高周波は局所のリンパの流れや血流を改善し、老化によって低下した組織の新陳代謝を亢進させます。リンパや血流の改善によって、いわゆるデトックス効果やセルライト除去効果も同時に得ることができます。

高周波による若返りは、手術や注入治療とは異なり、皮膚の質そのものを若返らせることができる「真の若返り治療」ということができます。

サーマクールCPT(タルミ治療のゴールドスタンダード)

「サーマクール」はタルミ治療のゴールドスタンダードと呼ばれ、現在タルミ改善目的の医療機器の中で最も効果的とされています。
サーマクールの欠点であった施術の痛みを大幅に軽減したうえに治療効率をさらに高めた最新機種が「サーマクールCPT」です。

サーマクールCPT
サーマクールCPT

従来のサーマクール(初代のサーマクールやサーマクールNXT)は非常に痛い治療という大きな欠点がありましたが、チップの改良と「ゲートコントロール」という理論によるバイブレーション機能を搭載することによって、最新の「サーマクールCPT」ではほとんど痛みを感じない治療が可能となりました。

ゲートコントロール説明
ゲートコントロール理論

サーマクールは皮膚表面を傷つけることなく、真皮深層や皮下脂肪層の中の線維隔壁まで強い熱刺激を与えることが可能です。
これにより、真皮コラーゲン線維や脂肪層線維隔壁の即時収縮が起こり、皮膚の引き締め効果や輪郭改善効果が得られます。サーマクールはリラックスFと比較してこの即時的変化を感じやすい治療ですが、高周波治療の本当の変化はその後2~3ヶ月かけてゆっくりと表れてきます。
熱によりコラーゲン線維が変性すると、新しいコラーゲン線維がどんどん作られ徐々に皮膚の引き締め効果が増していきます。コラーゲン増生による変化は治療後2ケ月頃よりわかるようになります。

コラーゲン線維収縮
コラーゲン線維収縮

このコラーゲン増生は治療後3~6ヶ月間ほど続くと考えられています。そのためサーマクールCPTの理想的な治療の間隔は6~12ヶ月とお考えください。

サーマクールCPTの施術
サーマクールCPTの施術

リラックスF(痛くない高周波によるたるみ治療)

痛くない高周波によるたるみ治療

リラックスFは、肌をやさしく加熱する、痛みもなく腫れの心配もない安全な若返り治療です。

 
痛みのない高周波治療を可能にしたリラックスF

サーマクールとリラックスFの大きな違いは、サーマクールが一気に皮膚を加熱する器械であるのに対して、リラックスFは徐々に皮膚を加熱する器械であるということです。入浴にたとえるなら、サーマクールはいきなり熱い浴槽に飛び込む状態に相当し、リラックスFはぬるま湯からゆっくり加温する状態にあたります。

サーマクールは、熱の与え方の特性から、治療時の痛みが常に問題とされてきました。リラックスFは、サーマクールと異なり痛みをほとんど感じることなく施術を行うことができる治療器です。それでは、リラックスFは全く痛みを生じることがないのかといえば、そうでもありません。ハンドピースを動かすことによって熱が1点に集中することを防いで痛みをコントロールすることができるのです。ハンドピースには冷却機能が付いていますから、皮膚表面を冷やしながら皮膚深部を高温に加熱することができます。治療中は絶えず皮膚の表面温度を測定し、痛みを生じる直前まで一定範囲の皮膚を加熱します。実際、リラックスF治療ではほとんど痛みを感じることがなく、治療中はその名の通りリラックスできます。痛いどころか、気持ちよくて施術中にうとうとと眠ってしまう方も多くいらっしゃいます。

治療中写真
ハンドピースを滑らせながら徐々に加熱します。
血流・リンパの流れの改善、代謝の改善が同時に得られます。

リラックスFはコラーゲンに対する直接作用だけではなく、リンパの流れや血行を改善する効果を強く持っています。皮膚のタイトニングによるタルミ改善だけでなく、新陳代謝の亢進によるいわゆるデトックス効果やセルライト除去効果が加わり、肌がより生き生きと若返ります。

リラックスFによるセルライト除去効果・デトックス効果は、顔の若返りだけでなく痩身の分野でも利用されています。

リラックスFによる実際のお顔の変化とは

リラックスFでは、施術直後から皮膚の引き締まり感を体感できることもありますが、本当の効果は治療後2~3ヶ月以上かけてゆっくりと表われます。
リラックスFの変化は、手術などと違い第三者から見て劇的に若返るというほどのものではありません。小顔になった、頬がふっくらした、と比較的はっきりした変化を感じる方がいらっしゃる一方、治療前後での写真比較では明らかな変化がわからない方もいらっしゃいます。しかし、写真上はあまり変化がみられない場合でも、寝跡やスイミングゴーグルの跡がすぐに消えるようになった、夕方のやつれ感を感じなくなった、肌の張りが出て化粧のりがよくなった、など肌の調子が良くなったと自覚される方が多く、ナチュラルな若返り変化を期待される方の満足度が高い治療法です。

リラックスF治療の対象と禁忌

リラックスFは20~30才代からの予防的治療も可能とも考えられますが、まだたるみがない若い肌に治療を施しても変化はわかりにくいものと思われます。変化がわかりやすく満足感を得られやすい年齢層はやはり40才以上の方だと思います。

過去にフェイスリフト手術を受けられた方も、リラックスFで皮膚を引き締めることによって相乗効果が期待できます。注入治療やレーザー治療、フェザーリフトなど他の若返り治療を受けられている方も安心して治療を受けていただくことができます。

一方、リラックスFを行うことができない禁忌の方は、心臓ペースメーカーを使用している方、妊娠中の方、施術部に金属プレートが入っている方、そして「金の糸」治療を受けた方、などです。

特に、「金の糸」は治療効果の点で医学的なエビデンスに乏しいだけでなく、レントゲンではっきりと写る、MRI検査の障害になる、高周波治療が受けられない、糸を除去することが困難、などマイナス面が非常に多い治療法です。当院は、現時点での「金の糸」治療は受けない方がよい治療法であると判断しています。

リラックスFの治療回数

リラックスFは、3~4週間隔で4~5回程度の施術を行うことを前提に治療されることをお勧めしています。肌へのダメージが少ない施術ですので、もっと濃密な治療も可能です。リラックスF治療の本場・韓国ではより頻回の治療が行われていますが、リラックスFの本当の効果が表れるまでに2~3ヶ月以上の時間がかかることや、費用対効果を考慮すると、上記の間隔で十分なのではないかと考えております。そして効果を実感していただけた方には、3~6ヶ月に1回程度の維持照射をお勧めしています。

当院の症例写真

リラックスF治療例
リラックスF治療例1-1 リラックスF治療例1-2
【治療前】
矢印
リラックスF治療例2-1 リラックスF治療例2-2
【3回治療後1ヶ月】

リラックスFを1か月間隔で3回施行後1か月の状態です。
フェイスラインが引き締って小顔になり、頬のタルミが改善しています。
頬の溝(通称ゴルゴ線)やマリオネットラインが明らかに浅くなっています。
高周波治療としては、写真上でもはっきりと変化がわかる症例です。
リラックスF治療例
リラックスF治療例2-1 リラックスF治療例2-2
【治療前】
矢印
リラックスF治療例2-3 リラックスF治療例2-4
【治療後】
I2PL10回+リラックスF12回、
治療開始から5年6ヶ月
フェイスラインが引き締まって小顔になり、頬がふっくらとしています。
下まぶたの凹みがなくなり、皮膚がパンパンに張ったように若返っています。
I2PLも施行していますが、I2PLだけでこのような立体的な若返り変化は通常
期待できません。毛穴の引き締まりにはI2PLが大きく貢献しています。
下まぶたの凹みの改善はまるでヒアルロン酸の注入を行ったかのような
変化ですが、この症例では過去5年間一度も注入治療を行ったことが
ありません。5年前の治療前の写真と比較して、治療後の方がずっと若くなっ
たように感じられます。
もちろん、誰もがここまでの変化を得られるとは限りませんが、リラックスFが
持つポテンシャルの高さがわかります。
リラックスF治療例
リラックスF治療例3-1

【治療前】

5年前の状態

矢印

 

リラックスF治療例3-2

【治療後】

15回治療後

5年前に比べて、明らかにフェイスラインのたるみが改善しています。
フェイスリフトや糸によるリフト等は一切行っていません。

リラックスFの施術を開始して5年経過しましたが、定期的に施術に通われている方は、5年前と比較しても老化が進行していない、むしろ若返った状態を維持しているという方が多いように感じられます。

リラックスFは、劇的な変化を望む治療ではありませんが、期待以上の効果が得られている方も実際に多くいらっしゃり、この治療が持つポテンシャルの高さを感じています。
以前からコラーゲンやヒアルロン酸注射を定期的に行っていた方の中には、リラックスFの効果を感じるようになってから注射をやめてしまった、もしくは注射の回数が少なくなったという方も多くいらっしゃいます。もちろん、シワがなくなったというわけではありませんが、肌に張りが出て生き生きとし、以前よりシワが気にならなくなったとご満足されているようです。

一方、効果が感じられないと治療を中断される方がいらっしゃるのも事実です。しかし、効果がないと思われる方の中にも、実際には皮膚のタイトニング変化が得られているにもかかわらず、ゆっくりした変化のためにそれに気付いていない場合があります。

リラックスFは、糸や注入物などの異物に頼った治療ではなく、自分自身の組織そのものが若返る治療です。その意味において、リラックスF治療は「真の若返り治療」という事ができるように思います。さらにリラックスFはダウンタイムのほとんどない安全な治療であり、若返りを望むすべての方にお勧めすることができます。

 

切らないシワ・タルミ治療|治療費|いしい形成クリニック